2008年2月 9日

タラバガニとアブラガニ

taraba2.jpg
以前は安いアブラガニタラバガニと偽って土産店や量販店、はたまたデパ地下までもが売っていたことがありました。そのデパ地下での偽装タラバ事件が発端で行政のメスが入ることとなり、タラバガニとアブラガニは区別されるようになった経緯があります。最近ではマスコミにも取り上げられることが多くなり、一般のお客様にも区別の知識が浸透してきていますが、それでもまだアブラをタラバとして売る、当時甘い蜜を吸ってしまった悪い店もあります。どちらもタラバガニ科タラバガニ属に属するカニで正確にはヤドカリの仲間です。すでに皆さんもご存知のようにタラバガニの甲羅のH型溝にある突起(トゲ)は6個、アブラガニは4個で、これで区別するのが定説と言われていますが、実は厳密に言うとなかなか簡単にはいかない部分もあるのです。というのもカニは近縁種間の交雑種というものが存在するからです。つまりタラバとアブラは交配することがあり、生まれるカニはハイブリッドとかアブラタラバガニと呼ばれプロでもなかなか判別できません。突起も5個だったり6個だったり。こうなると、あとはDNA鑑定しかないというのが現状のようです。タラバは濃い紫茶色をしていますが、アブラはそれより少し薄い青紫色をしています。全体的にトゲの数もまばらで少ないです。姿の場合は突起の数で区別できますが、問題は脚だけの時です。茹でた脚の場合は、なかなか判断が難しくなります。今でも、アブラの脚だけを切って焼きタラバとして出す居酒屋はザラにあります。そこで脚だけでもわかる簡単な判別法ですが、タラバは第二関節まで紫茶色(茹でると赤いオレンジ)の色が入っているのに対してアブラは真っ白でほとんど色が入っていません。ただ交雑種がどうなっているかはわかりません。味については、タラバの方が濃厚で美味しいという意見が大半ですが、アブラもなかなか美味しいです。いずれにしても問題はアブラガニをタラバガニだと偽装して高額で売りつけることが悪いわけで、きちんとアブラガニはアブラガニ、値段も相応の価格で売れば良いだけのことだと考えます。

1