2010年12月18日

カニ屋の朝は早い


朝7時前、釜に火を入れ、「ゴォー」という蒸気音とともに一気に活蟹を茹で上げる時、外の排気ダクトから蒸気が噴出し始めます。まわりの雪景色の白さと蒸気の白さで一面真っ白状態。このあたりでは冬の風物詩です。蟹職人は今日もせっせとカニを美味しく茹で上げ、がんばっています。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kani.bz/mt/mt-tb.cgi/102