2011年4月22日

オトンルイ風力発電所

天塩風車群.jpg
福島の原子力発電所事故の影響で節電が叫ばれる中、自然エネルギーが見直されてきているようです。しかも温室効果ガスの排出量削減にも一役買いますので一石二鳥といったところです。その自然エネルギーの1つ、風力発電のための風車が北海道には数多くあります。特に国道232号線を留萌から稚内方面に向かう途中、天塩の町を抜けて天塩川を渡るとすぐ見える幌延町のオトンルイ風力発電所の風車群はすごいです。全長3.1kmに渡って高さ99m、28基の風車が一直線に並んでいて、それは迫力があります。何十キロも手前から見えるのに、なかなか近づかない距離感が北海道の広大な大地を物語っています。今回の福島原発の問題は海洋汚染の心配もはらんでいます。福島沖では毛蟹やズワイガニも捕れるので、同業者としては看過できない問題でもあります。ここはひとつ、みんなで頑張らないと・・・。

1