2011年12月31日

テレビ局がやってきた!


テレビ大阪の東京支社から連絡があり、取材の話を進めることになったとのことでした。具体的な日程や時間を打ち合わせ、先日ディレクターとカメラマンがやってきました。そして旭川から制作会社の方が二人。当日は簡単な打ち合わせを行って、かにを茹でている風景やカニバンドと呼ばれるゴム輪やヒモで蟹を縛る作業を取材したいとのことでした。そして翌朝、本番撮影を行うということになりました。

その夜はスタッフの皆さんと地元料理店で「たこしゃぶ」を楽しみました。
皆さん、たこしゃぶは初めてのようで、美味しいと喜んでいただき良かったです。

次の日の朝、早朝より準備を整え、撮影開始です。
かに吉のエース、この道ン十年のベテランがカニをさばいてヒモで縛る。
それを釜で茹であげ、できあがり。
短い放映時間だと聞いていましたが、撮影はずいぶんと長い。
いろんなシーンやカットを撮っていました。

スタッフのみなさん、お疲れ様でした。

関連リンク 「和風総本家」で放送されました

2011年12月24日

カニの出荷ピーク

カニ出荷.jpg

今年もカニの出荷ピークを迎えております。
おかげさまで年々増える注文に対応するべく、早朝からフル稼働で梱包作業や発送作業に追われます。去年は大雪の影響で一部の地域に遅延が出たため、今年は少し早めに発送準備を整えて皆様のお手元にカニが無事届くよう、がんばっております。みんな、美味しく食べていただくんだよ~!

2011年12月19日

カニのバンドがけ

band.jpg

先日、在京テレビ局のディレクターを名乗る方から電話があり、「和風総本家」という番組の中で「日本の職人24時」という企画をやるので、蟹職人の匠の技を取材させて欲しいと依頼がありました。
その技とは、カニのバンドがけ。カニを茹でる時に足が取れないようにバンドで固定したり、タラバなど大型のカニはヒモで縛って固定するのですが、なにせ相手は生きているので動いてしまって、なかなか思うようにバンドはかからないのです。そこを長年の経験によって培われた職人の技として取材したいとのことでした。まだ企画段階で実際にGOが出るのかどうかはわからないとのことでしたけど、なかなか面白そうです。

で、稚内まで取材となると交通費もかさむので、一度動画に撮って送って欲しいということでした。はてさて、取材は来るのでしょうか?
来たら、またこちらで紹介したいと思います。

2011年12月15日

活タラバガニ期間限定販売

katsutaraba.jpg

活たらばがに限定販売中を始めました。
現在、水槽には活きのいいタラバガニがたくさん泳いでいます。
活たらばは、そのまま活でも茹ででも承りますので、冷凍には無いジューシーさと瑞々しさが旨味を一層引き立てること間違いなしの商品です。
活なら、いろんな蟹料理を楽しめます。
足を切って鍋に、そして焼きタラバ、ボイルたらば、さらに刺身でもOK。
4つの味を楽しむことができます。
この機会に是非、活たらばをお楽しみいただければと思います。
年末12月30日到着分までご注文を受け付けます。

活たらばがにのご注文はこちら

2011年12月 9日

かに出荷作業

カニ出荷.jpg

茹でたてのタラバガニが計量後に梱包されて出荷されていきます。
早朝から釜を炊いて、タラバをはじめ毛がに、ズワイなどをゆでる、ゆでる、ゆでる・・
茹で上がったホカホカのカニを今度は冷水で冷やして締めます。
そうしたら、次に甲羅に付着したフジツボなどを専用の刀で剥ぎ取り、きれいにしてから梱包するのです。作業は全て手作業。機械を使うことはありません。

今日の稚内はしばれる寒さ。
朝からドカ雪で路面もヒドイ状況です。
今夜は皆既月食なのだそうだけど、見られるのかな・・・