タラバガニ 食べ方・ゆで方・さばき方

タラバガニのさばき方・食べ方を写真と説明で詳しく解説します。堅い甲羅を裏返して、ふんどしを切り取り、甲羅、足を切り離します。

かに吉コンビニ決済
かに吉ポイント2倍キャンペーン実施中!さいはて北海道稚内から新鮮なタラバガニを直送!
タラバガニのさばき方

タラバガニの食べ方・ゆで方・さばき方


画像をクリックすると大きな画像を見ることが出来ます。
まずはじめに、まな板、キッチンハサミ(または包丁)、軍手を用意します。タラバガニは鋭いトゲがあるので必ず手袋をしましょう。
タラバガニを自然解凍して完全解凍の1歩手前でさばきます。
タラバガニを裏返して、三角形の「ふんどし」を切り取ります。

まずはじめに、まな板、キッチンハサミ(または包丁)、軍手を用意します。タラバガニは鋭いトゲがあるので必ず手袋をしましょう。

タラバガニを自然解凍して完全解凍の1歩手前でさばきます。

タラバガニを裏返して、三角形の「ふんどし」を切り取ります。

「ふんどし」をめくるように持ち上げます。
内部と蛇腹のような柔らかいパイプでつながっているだけなので、簡単に切り離せます。
「ふんどし」を切り取って出来た穴にハサミを入れて胴体を2つに割ります。

「ふんどし」をめくるように持ち上げます。

内部と蛇腹のような柔らかいパイプでつながっているだけなので、簡単に切り離せます。

「ふんどし」を切り取って出来た穴にハサミを入れて胴体を2つに割ります。

お腹は意外に柔らかいので簡単に割ることが出来ます。さらに甲羅もはずします。
甲羅と2つに割った胴体の完成です。タラバのカニ味噌は食べられないので事前に抜いてあり、入っていません。甲羅は保存して器などに使っても面白いですね。
次に肩と足を間接部分で切り離します。間接部分は柔らかいので、簡単に切り離すことが出来ます。

お腹は意外に柔らかいので簡単に割ることが出来ます。さらに甲羅もはずします。

甲羅と2つに割った胴体の完成です。タラバのカニ味噌は食べられないので事前に抜いてあり、入っていません。甲羅は保存して器などに使っても面白いですね。

次に肩と足を間接部分で切り離します。間接部分は柔らかいので、簡単に切り離すことが出来ます。

肩と足を切り離した状態です。
肩にはエラが付いていますので、ハサミできれいに切り取ります。エラは食べられません。
さらに足の各関節部分を切り離します。

肩と足を切り離した状態です。

肩にはエラが付いていますので、ハサミできれいに切り取ります。エラは食べられません。

さらに足の各関節部分を切り離します。

以上で完成!
最後に足にハサミを入れて食べやすくします。足の裏側の白い部分は柔らかく切りやすいです。
食べない分は新聞紙に包んだ後、ラップで包んで冷凍庫に保存します。

以上で完成!

最後に足にハサミを入れて食べやすくします。足の裏側の白い部分は柔らかく切りやすいです。

食べない分は新聞紙に包んだ後、ラップで包んで冷凍庫に保存します。

タラバガニのゆで方

まずタラバガニを水洗いして汚れを落とし、内臓の味噌を全て抜き取ります。タラバガニが入る鍋を用意して、水1リットルに対して20g~30g程度の塩を入れて沸騰させます。 蟹の甲羅を下にして鍋に入れ、再沸騰してから20分ほど茹であげ、その後冷水で締めて出来上がり。