2011年9月25日

今年のカニ

すでに新聞でも再三報道されているように、今年のタラバガニズワイガニ、特に輸入物に関しては、かなり高騰している状態です。先月8月の不需要期でさえ高騰状態でしたが、今月に入ってさらに拍車がかかっており、円高なのにタラバは対前年比200%、ズワイも32%高くなっています。原因は欧米の魚食ブームと新興国の水産加工品増産のためで、輸入品は1割ほど量が減ったのに単価は上がっております。そんな中でそろそろ年末の仕込みや対策を考えなければなりません。とても難しいです。小売価格を考えても、ちょっと企業努力では吸収できないレベル。今までのようにはいきそうもない年末になりそうです。

2011年8月 4日

カニむき身新商品

ズワイカニむき身.jpg
カニむき身の新商品のお知らせです。
タラバガニとズワイガニのむき身を作りました。
カニの殻を剥くのはけっこう面倒なものです。
そんな手間要らずの、すぐ食べられる便利なカニです。
そのまま生食で食べるもよし、料理の素材として使ってもOK。
今まで、かにカマを使っていたそこの奥様!たまには本物を使ってください。
カニ玉、カニチャーハン、カニクリームコロッケ、かにシュウマイ、冷やし中華、かに雑炊、カニ釜飯、カニスープなどなど。
料理のレパートリーも広がりますね。
近隣のホテルのレストランや料理店にも調理用として出しているので味はお墨付き。
近日中に新商品として発売いたします。

2011年1月 8日

タラバガニ初出荷

タラバ初荷.jpg
タラバガニを水槽から出し、活きたままカゴに入れ計量後に出荷!札幌のカニ屋に向けて今年のタラバ初荷です。札幌や函館、内陸部のカニ屋に向けたタラバガニの多くはここ稚内から出荷されていきます。なんといってもロシア海域から近い港ですしね。雪道の中、片道6時間半・・・走り続けます。冬のオロロンラインは雪原と道路の堺がわからないほど真っ白です。雪目になりながらタラバガニを活かしたまま運ばなければなりません。

2010年12月23日

タラバガニの内子って

タラバの内子は茹でると鮮やかなオレンジ色になります。生食も美味しいですが茹でるとまた一味違う内子を楽しむことができます。食感はタラコ、味はウニという感じでしょうか。とにかくウマイです。酒飲みにはたまらない一品間違いなし。当店の子持ちメスタラバで食べることができます。ぜひぜひ。

2010年12月14日

タラバガニ入荷

タラバガニが大量に入りました。今年は船が入るのもあとわずか・・・最後のスパートに突入しております。お歳暮、年末年始の注文も多くなってきて、いつもの活気がやってまいりました。カニを囲んで忘年会をやるのかな~とか、カニをお土産に故郷に帰るのかな~とか、いろいろな思いを馳せながら注文を承っております。今年も寝られない日々がやってまいりました!

お歳暮・年末年始のご注文はこちら

前の5件 1  2  3  4  5  6